Facebook 世界一利用者の多いSNS

Facebook Icon Logo Fb  - SavageGraphics / Pixabay 経済
SavageGraphics / Pixabay

今回はFacebookについて書きたいと思います!みなさんつかってますか?Facebook!私は登録はあるもののほとんど利用は今してません。傘下のInstagramはストーリーだけよく見ます。

Facebook, Inc. – https://en.facebookbrand.com, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=78689868による
  • Facebookの歴史
  • Facebookの凄さ
  • Facebookの今後

Facebookの歴史

今や世界の人が一つはSNSのアカウントを持っているような時代で世界一の利用数を誇っているFacebookですが、まずはどのような成り立ちで始まったのか書かせていただきます!

この始まりが面白い。不純な理由すぎる。ほんとに学生ノリとしか言えない始まり。

Facebookは当時ハーバード大学の学生であった、マークザッカーバーグが始めたサービスです。この内容があまりに不純(笑)始まりはマークザッカーバーグが、大学のサーバーをハッキングして「フェイスマッシュ」というサイトを始めました!

最低なのは女子学生の証明写真を並べてどちらのほうがかわいいのかを投票するサービスでした(笑)

そして女の子達をランク付け。それは怒られるし批判も出ますよね。けどサービス開始後4時間ほどで2万2000Viewというとんでもない数字をたたきだしました。みんな面白いと思ったサービスだという事ですよね。

確かに面白そうは面白そう。だけど怒られそう。

しかもこれを始めたきっかけとしては振られた女の子の悪口をブログに書いてそれがエスカレートしてこのようなサービスを始めました。なんとも陰湿な学生ですね。その始まりは映画「ソーシャルネットワーク」に詳しく描かれているので一度見てみても面白いかと思います。

2004年2月に正式にサービスを開始しました。一斉に広がりを見せアイビーリーグの大学生、名門と呼ばれる大学生の中で一気にブームになりました。

最初はエリート校の子たちだけという事でスタートしたが、ほかの大学でもこのサービスを取り入れたいなどの大きな反響がありました。

実名公開によりみんなが危ないものではないと認識し登録し、自らの日常やプロフィール、顔写真を公開できるSNSとして広がりをみせていきます。私もアメリカ留学行く前にこれだけは登録しておいたほうがいいといわれました!

パンダ
パンダ

人類みんな友達。一人が好きだけど。

そののち急成長をしいろいろなところから資金調達をし、米国市場にも上場しGAFAMの一角となるほどの巨大企業にまでなることが出来ました。現在ではInstaglamも買収しFacebokのグループ内です。

他にもバーチャルリアリティ事業、仮想通貨などFacebookのユーザーがたくさんいるからこそできるビジネスを行う予定のようです。

Facebookの凄さ

FacebookがほかのSNSと違って特質的だったのは実名登録というところだったと思います。

日本に入ってきたときも個人情報の流出などそのような観点でmixiなどでは実名登録はしないように促した来ました。同時にそのようなサービスは日本では受け入れられないとまで言われました。

mixiとは日本で流行ったSNSです。マイミクと言われる友達と交流するSNSでした。

mixi – Official Site, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=108326421による

ですが匿名というもののほうが実際は危ないのではないかという議論も出ます。

匿名の場合、いくらでも違う情報を乗っけることが可能です。性別を偽ってみたり、年齢、全く違う人になりすますことも可能です。こうした問題は匿名のサービスから発生することのが多いです。

それに引き換えFacebookの場合は実名登録で、顔写真などがあるユーザーがほとんどです。なので上記に書いた危険性などがとても少なくなると言えます。

また設定の中でも友達でないと見れない個人情報なども自分で設定することができます。プライバシー設定さえきちんとしてれば友達でも見せたくないものは見せないなどのことができます。

現在プライバシーの問題は色々なところで話題に上がりますから、Facebookとしてもとても気を付けているみたいですね。実際私のFacebookの設定画面でもたくさんありすぎて、どこまでやっていいのかよくわからない部分も多々あります。

そんな中Facebookの利用者数は世界で約28億5300万人となっており、世界最大のSNSになっています。また参加のInstagram、WhatsAppも共に驚異的名ユーザー数を誇っています。Instagramは約10億人、WhatsAppは約20億人と合計すると58億人近くのユーザーがいます。もちろん重複しているものがほとんどかと思いますが、それにしてもすごい人数です。

この何十億人という人たちのビックデータを集められるのは、Facebookにしかない強みだと思います。

パンダ
パンダ

いろんな人の情報が抜き取られているのかなー

FacebookもGoogleと同じく広告事業で、収益を得ていますが、Facebookをこれだけの人が利用していることを考えれば、広告を出す側も相当な利益が生まれそうです。

Facebookの今後

Facebookはこれからソーシャルネットワーク企業ではなく※メタバース企業とみられるようになるということを発言しました。※3次元の仮想空間の中でユーザー同士が交流することの出来る世界を概念的に表した言葉

要するに仮想空間の中でビジネスや交流、さまざまなことができるようにすることを目標としているようです。アバターを使って仮想空間に集まって会議をしたり、友達と会うなどそういうことができるようになるそうです。技術の進歩はすごいですね。

近い将来、オフィスにいるのと変わらない感覚で仮想空間上に集まり会議をし仕事をする。今までリモートワーク等では得られなかった現場で仕事をしているという寛治で仮想空間上にみんな集まっているかもしれませんね。もはや映画「マトリックス」の世界が現実味してきました。

パンダ
パンダ

僕たちも動物園っていう仮想空間にいるのかな

他にも仮想通貨にも進出しており、その名も「Diem」最初の名前は「Libra」だったのですが、評判がよくなかったため名前が変わりました。Facebookはこの取り組みを暗号資産を社会に根付かせるための重要な役割を担うプロジェクトだと考えているそうです。

このDiemのすごさはやはりFacebookのユーザー数だと思います。30億人近いユーザー数を誇るFacebookがこれをやり始めたらまた通貨の歴史が変わるかもしれませんね。

3.5億人のユーザーがいるPayPalがビットコイン取引のサービスを始めることを決定したら市場に大きな反動がありました。これの約10倍のユーザー数を誇るFacebookですから世界を変える企業になるかもしれませんね。

みなさんも色々な波に乗り遅れないように色々なことに注視していかないとあっという間に取り残されてしまうかもしれませんね!

ではお幸せにー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました