なぜ米国株なのか

こんにちは!今回はなぜ私が米国株に集中投資をするのかを書いてみたいと思います。私の資産はほぼ米国株です。だいたい7割が個別株、3割が米国のインデックスファンドへの投資になります。個別株においては、素人ながらこの企業面白そうとか、10年先を考えた時には確実に必要な技術ではないかとか思いながら投資しています。

初めて投資を始めたときは、私も日本株を買おうかと思いました。米国株っていうのは買うのも難しいものだと思っていたからです。ですが、証券会社を開いてみていざ購入に至ると日本株と大して変わらないことに気づきました。確かにアメリカとの時間差や情報量などでは日本株の情報のほうが得られやすい部分が多々あるかとは思います。

で、なぜ米国株かというと、アメリカこそ世界中の優秀な人たちが集まる国であり、優秀な企業がたくさん、なおかつ人口も増えているそういう国であるからです。かつて日本のトップクラスの東大の法学部はの学生は官僚になり、キャリア官僚を目指していた方がとても多かったともいますが、時代とともに学生たちが求めることも変わってきたと感じています。

若い世代が求めているのは自由な時間やプライベート、出世などではなく自分の時間を大事にする兆候が増えているように感じます。そうなればわざわざ、ブラック企業なみの職場の霞が関で働きたいという方は少なくなっていくはずです。

年収1000万ほどもらえたとしても、拘束時間は長くパワハラも頻発するような場所です。年功序列が根強い日本では、自分の意見が通るのにも下積みをしなくてはいけないことが多々あります。優秀な今の時代の人たちは、もっと自由に働け、賃金が高い米国の巨大テクノロジー企業や、フリーランスとして働く人が多くなっていると思います。

そうなると優秀な学生は日本に残らず、海外に出ていく人が多くなるのではないかと感じているからです。米国の巨大企業世界中から優秀な学生を、集めて世界最先端のテクノロジーを駆使し、研究費等も多額、職場環境もいい。日本の本当に優秀な人材はそちらに向かっていくと思われます。霞が関を目指す人はとてもすくないでしょう。

米国の巨大IT企業にはそんな世界中から集まった、超優秀といわれる人たちが集まっています。私が現金で持っているより、そんな天才たちに投資したほうがより良いと感じているからです。そしてより良い使い方をしてまた素晴らしいプロダクトやサービスを出してほしいと思っています。上記が日本株ではなく米国株に投資する簡単な理由です。

でわまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました